人気の記事

人気の記事

人気の記事

ランボルギーニが限定モーターヨットを発表、デザインはミウラやカウンタックなどから着想

1: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:11:41.69 ID:CAP_USER9
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2007/04/news027.html
2020年07月04日 14時30分 公開
[鈴木伊玖馬,ねとらぼ] ランボルギーニはイタリアンシー・グループとコラボした限定モーターヨット「Tecnomar for Lamborghini 63」を発表しました。

モーターヨット「Tecnomar for Lamborghini 63」(写真;ランボルギーニ、以下同)

Tecnomar for Lamborghini 63は、ランボルギーニの名車「ミウラ」(関連記事)や「カウンタック」(関連記事)のほか、「シアン FKP37」(関連記事)など、歴代車種からインスピレーションを受けたデザインが特徴。「63」は創業した1963年に由来しています。

船の先端にはランボルギーニのエンブレムも

パワーユニットには約2000馬力を出力するV12-2000 MANエンジンを2基搭載。最大時速60ノット(約111キロ)を発揮します。全長は約19メートル。船体は炭素繊維素材を使っており、重量は24トンとなっています。

Tecnomar for Lamborghini 63の客室部分

ヨットのインストルメントパネルには、クルマのようにナビゲーションシステムと制御システムがまとめられています。操舵輪にはクルマのようなステアリングホイールを採用して、始動時に使うスタートボタンはランボルギーニの車両と同じ物が使われています。

Tecnomar for Lamborghini 63の運転席

ヨットの生産は2021年の初頭から開始。いつかはこんな船に乗って、地中海を散策したいものです。

※ソースにギャラリーがあります

引用元: ・ランボルギーニが限定モーターヨットを発表、デザインはミウラやカウンタックなどから着想 [ひよこ★]

2: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:23:31.59 ID:e7OMlObE0
>>1
100km/hも出したら風波で飛ばされる
ウイング 水中翼つけて自動航行自動姿勢制御すべき
浮遊海上障害物センサー必須
ウイングで実質水上低空飛行でよい
デザインセンスはがっかり
既存観  変形システムも採用すべき
長さ10m自動スライドで巡行安定性と居住性確保
遭難時分離自動航行もいい

4: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:31:15.58 ID:SjjsYf940
すげーなー
こんなの乗ってモナコのハーバーに横付けする若者とかいるんだろーなー

5: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:32:47.97 ID:yAzglirv0
エンジン重量とウォータージェットの重量だけで
10トンを超えるでしょ

7: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:41:43.91 ID:x/P9sJ1S0
いままでなかったのかこういうの

8: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:45:06.12 ID:0Ju058xB0
買うつもりで電話したら、ボート免許が必要だから断念した

9: ワダツミ速報 2020/07/04() 17:47:34.83 ID:LMCxgHK+0
19メートルか、
ガンダムを寝かせて運搬できるな!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。